個人参加OK夏休みブラジルサッカー留学
個人参加OK夏休みブラジルサッカー留学
女子のブラジルサッカー留学募集中

ブラジルサッカー留学を終えての感想(9人分)

ブラジルサッカー留学の感想

原くん

ブラジルのサッカーはドリブルが多いと思っていたけどパスサッカーだった。
日本と違ってパスのスピードが速い。当りが強い。
日本ではファウルになるようなプレーでもブラジルではファウルにならない。
自分ももっとパススピードを上げたり体幹を強くしなければいけないと思った。
ブラジルのような早くて強い中でも自分の思ったプレーができるようにしたい。
基礎練習とかだとあまり正確ではない選手でも試合になるとしっかりプレーできるのが不思議。

田中くん

言葉が通じなくて練習などでコミュニケーションが難しかったが、それで海外に来ていると実感した。
当りが厳しく足もボールと一緒に蹴られてアザが増えた。
取られないと思っても足が出てきてボールを触られてしまうのでドリブルなどでのボールの置きどころにもっと注意しなければいけないと思った。
ボールを受ける前に今まで以上に周りを見ておかなければいけない。
ゴール前など決めるべきところでは決めないと次のチャンスではパスが来なくなる。
1度のチャンスで信頼を得ることの大切さを知った。
サッカー以外ではブラジル人がとても優しかった。
シャワーのお湯が出ない時があったり日本では当たり前のことがブラジルでは通用しないから
大変なことも沢山あったけど、またブラジルに来たい。

上野くん

フィジカルの強さ、パス回しの速さなど日本との違いを感じた。
自分より大きな相手ばかりだったけどこれからは大きな選手にも逃げずにドリブルで向かって行きたいし
恐れずにボールを奪いにいかなければいけないと思う。
途中で日本食が恋しくなったけど楽しかった。上手くなったと思う。
絶対また来たい!

阿野くん

年齢があまり変わらないのにフィジカルが強い。体をあててもびくともしない。
だから簡単にボールも失わない。強いだけじゃなく技術もありパスの精度も高い。
ミスをしたときには簡単にミスを認めなかったり自分のミスを人のせいにしたりするのに驚いた。
気が弱かったらやっていけないと思った。自分を出していかないと味方にさえボールを奪われてしまう。
ミスをすると味方からすごく文句を言われるけど、良いプレーをすればものすごく褒められる。
ブラジル人に褒めらると嬉しかった。
テストの選手などがいつもいて常に一生懸命に練習しないとプレーする場所がなくなるのだと思った。
ブラジル人は必ず挨拶をするのでとても良いと思った。日本語を覚えて話そうとしてくれたりもした。
物を大切にしていた。ボロボロのスパイクでも履いていた。
シャワーは日本のように熱いお湯が出なくてびっくりした。
街中にフットサルコートやサッカー場があったり、サッカー関連のお土産がものすごく多くてさすがブラジルだと思った。
中学を卒業したらブラジルの高校に入って3年間ブラジルで勉強とサッカーをしたい。

佐藤くん

カストロのグランドがデコボコだった。
そういう環境でも練習したら上手くなるし、もっと環境の良い所でプレーするために一生懸命に練習する。
そういう場所から素晴らし選手が生まれるのだと思った。
紅白戦や練習試合などにもスカウトが来るのでいつでも全力でプレーしていればチャンスがあって良いと思う。
日本だと大会で勝ちあがらないと人に見てもらえない。
ブラジル人は積極的にコミュニケーションを取ろうとしてくれるのでやりやすかった。
州リーグなのにスタジアムが満員になると聞いて驚いた。サポーターがすごい熱狂的。
テレビでブラジル3部リーグを見たけどとても激しくレベルが高い。
イエローカード覚悟でプレーしているようだった。
テレビで毎日のようにサッカーが放送されていた。
次は1年間いたい。

植田くん

自分のチームにはGKコーチがいないので今回しっかり練習出来てとても勉強になった。
後輩たちにブラジルでの練習メニューや経験を伝えていきたい。
ブラジル人はグランドの外と中でオンとオフがはっきりしていて素晴らしいと思った。
カストロという小さな町のクラブに行って練習に参加させてもらった時に、貧乏な家庭の子供達を見た。
練習後にもらえるジュースを楽しみにグランドに来てとても楽しそうにサッカーをしている姿を見てなんだか切なくなった。日本が恵まれ過ぎていると思った。サッカーをできる幸せをとても感じた。
将来こういう子供達がいなくなるようにしたい。

中城くん

日本であまりちゃんと練習する環境がなかったのでブラジルと日本のサッカーの違いをうまく比べられないけど、ブラジル人はとにかく優しいし面白い。
サッカーをちゃんとできる環境があるし楽しく出来る。
次は1年来ると決めた。

佐藤くん

コリンチャンスvsサンパウロを観戦した時にスタジアムの入り口が両チームのサポーターで違って驚いた。
スタジアムの中でも柵で区切られていてアウェーのサポーターのスペースは全体の1割くらい。
ホームとアウェーの違いの大きさに驚いた。
宿舎ではプロの選手が一緒に泊まっていたので部屋で一緒にリフティングしたりしてコミュニケーションをとれた。ブラジル人は裸足でも上手かったけどミスをした時にすぐに日本人のせいにしてくる。
練習が無い時はグランドが自由に使えたので寮にいるプロの選手やU-17の選手と自主練したりして為になった。
練習や試合ではフィジカルと球際の激しさがすごかった。平気で足を狙ってくる。
股抜きしたら削りに来る。それでも練習ではファウルにならない。
ケガをしない為に相手をかわす色々なアイデアがどんどん出てくる。すごいと思った。
日本人と違ってとても楽しそうにサッカーをしていた。ミスを恐れず何回でもしかける。
高校サッカーではミスして怒られる事を恐れている気がした。
ブラジルではみんな自己主張が強く選手とコーチと言い合いになることも珍しくない。
個性を大事にしていると感じた。
ブラジルではミスをすれば味方からも激しく文句を言われるけど良いプレーをすれば同じくらい褒めてもらえる。
見えない所で引っ張ったりするずる賢さ、貪欲さ、自分が取られたボールは必ず取り返す姿勢など
ブラジルで学んだことを日本でも続けていきたい。
ブラジルでサッカーをしていた時と同じ気持ちでサッカーを続ける。
また1年とか長期で来たい。

小宇佐ケイタくん

ブラジル人はコミュニケーション取ろうとグイグイくる。
日本と比べてプレーが荒い。
トラップした時やドリブルしている時など足も一緒に蹴られる。
同じ年の選手でも体がデカイ。
ファーストタッチはすごく上手い。
見習いたいと思った。
食べてる物と量が違う。日本人ももっと食べたほうが良い。

ブラジルサッカー留学の感想
ブラジルサッカー留学の感想
ブラジルサッカー留学の感想
ブラジルサッカー留学の感想
ブラジルサッカー留学の感想


トライアウト専門