個人参加OK夏休みブラジルサッカー留学
女子のブラジルサッカー留学募集中

São Carlos FC

São Carlos FC / ブラジルサッカー留学先チーム
公式ウェブサイト
http://www.saocarlosfc.com.br/
https://www.facebook.com/saocarlosfc
設立
2004年11月25日
所在地
サンパウロ州 サンカルロス市
13570574 São Carlos, Brazil
Rua Desembargador Julio de Faria, 800
Tel
55 16 3376-1404
スタジアム
7800人収容
隣接施設
サンカルロス連邦大学(UFSCar) 中学 高校
施設
アマチュア(グランド3面)合宿所付(帯設備はトレーニング用具 食堂 等)
プロ選手の選手寮はスタジアムに隣接しています。
クラブ概要
サンパウロ州リーグに参戦し、「コパサンパウロ」「コパパウリスタ」「コパ ジュニオール」に参戦しているセリエA-3のクラブである。
従って実力次第だが公式戦に出場する可能性がある。
カテゴリーはU-15・ U-17/18・ U-20で育成した選手をビッグクラブに移籍やレンタルする事で経営収入を得ているクラブである。
各カテゴリーで公式戦が組まれているため、実力次第では選手として試してもらえる可能性があると思われる。このクラブと日本との、関係で最近で日本に移籍した選手では柏レイソルの“アウセウ・ホドリゲス”選手が所属していたクラブである。
地域は田舎という事もあり治安は問題ない。
クラブにはコーチ、通訳、兼 用具係として運営面のサポート等をして‘7年ほど滞在していた日本人スタッフがいたが、現在は日本に帰国したため通訳などはいない状況である。
時々日本のジュニアユースの世代が遠征に来て親善マッチを行っていたため、日本人に対しても違和感がなく受け入れられそうである。
現在留学生はいないが、今後日本人のプロ登録選手のチャレンジャーをスタジアムの練習施設で受け入れて貰う事になる。
アマチュア部門とプロ選手との活動場所は車で30分ほど離れているため、日本人の選手を受け入れても交流する場は無い事になる。
現在このクラブから柏レイソルに移籍した選手がいる。
監督について
トップの監督には、カルロス・アルベルト・マジョール氏が就任する。
経歴は、中央防犯FC藤枝ブルックス/福岡ブルックス/アビスパ福岡、 CAサン・マルティン(アルゼンチン).で指揮を執った。